第1条(「ブロードリーフ光」の提供)
株式会社ブロードリーフ(以下「当社」といいます。)は、「ブロードリーフ光 サービス約款」(以下「本サービス約款」といいます。)に基づき、「ブロードリーフ光」(以下「本サービス」といいます。)を提供します。本サービスは、東日本電信電話株式会社(以下「NTT東日本」といいます。)と西日本電信電話株式会社(以下「NTT西日本」といいます。)による卸電気通信役務を利用して提供するサービスである「フレッツ光(ライトプラス含む)」「リモートサポートサービス」(以下「卸役務利用サービス」といいます。)、およびインターネットサービスプロバイダによるインターネット接続提供サービスから構成され、本サービスの内容の詳細は、別表2および当社のウェブサイト上等に掲示します。

第2条(用語の定義)
本サービス約款における用語の意味は、次の各号に定めるとおりとします。
 (1)「本サービス契約」とは、当社から本サービスの提供を受けるための契約をいい、本サービス契約の申し込みを
     当社が承諾することにより成立します。
 (2)「申込者」とは、本サービス約款に基づき当社との間で本サービス契約が成立している者をいいます。
 (3)「契約者端末」とは、本サービスの提供を受けるために、申込者が保有している必要のある
     パーソナルコンピュータ等の機器をいいます。
 (4)「契約者回線」とは、本サービスの提供を受けるために、申込者が設置する電気通信回線をいいます。
 (5)「料金等」とは、本サービスの提供にかかる料金その他の債務およびこれにかかる消費税等相当額をいいます。
 (6)「フレッツ光」とは、NTT東日本またはNTT西日本が「IP通信網サービス契約約款」に基づき提供する
     IP通信網サービスをいいます。
 (7)「フレッツ光のタイプ」とは、別表1に定めるフレッツ光のタイプをいいます。
 (8)「フレッツ契約」とは、NTT東日本またはNTT西日本からフレッツ光の提供を受けるための契約をいいます。
 (9)「転用」とは、本サービスの提供を受けるための契約を締結し、かつ、申込手続を当社が代行することにより、
     NTT東日本またはNTT西日本とフレッツ契約を締結した者(以下「転用資格保有者」といいます。)が
     その利用するIP通信網サービスをフレッツ光から本サービスにより提供するIP通信網サービスに
     切り替えることをいいます。
 (10)「転用承諾番号」とは、転用資格保有者が転用を目的として基づき本サービス契約の申し込みをするにあたり、
    事前にNTT東日本またはNTT西日本から取得している必要のある所定の番号をいいます。
 (11)「インターネット接続サービス」とは、ビッグローブ株式会社が提供する「BIGLOBE」、およびNTT
    コミュニケーションズ株式会社が提供する「OCN」をいいます。

第3条(本サービス約款の変更)
当社は、当社所定の方法に従い申込者に通知することにより、本サービス約款の全部または一部を変更することができます。

第4条(本サービスの提供区域)
本サービスの提供にかかる契約者回線の終端とすることができる場所は、フレッツ光のタイプに定める全てのタイプにおけるサービスの提供区域内とします。

第5条(本サービスの内容等)
 1 本サービスの対象となるコースおよびタイプは別表2のとおりとします。
 2 本サービスは、最大通信速度を保証するものではなく、通信設備や契約者端末、宅内配線などの状況、他回線との
   干渉、回線の混雑状況などにより、実際に利用可能な通信速度が低下します。
 3 当社または当社が本サービスに用いる電気通信回線の提供者(NTT東日本またはNTT西日本)は、
   申込者が一定時間内に所定の基準を超えるトラフィック量を継続的に発生させる場合および申込者間の公平性を
   確保する必要がある場合、通信量や通信速度を制限することができます。
 4 申込者は、自身の費用負担および責任において契約者端末を取得するとともに、本サービスの利用にあたり契約者端末
   が正常に稼働するように維持および管理しなければなりません。
 5 当社が申込者への本サービスの提供を開始する日(以下「本サービス開始日」といいます。)は、本サービス
   契約の成立後、当社所定の工事が完了し、本サービスにかかる回線が開通した日とします。また、転用により第7条に
   従い本サービス契約の申し込みを行い、申込者となった者については、NTT東日本またはNTT西日本がフレッツ光から
   本サービスへの移行手続きを完了した日をもって、本サービス開始日とします。

第6条(契約の単位等)
当社は、契約者回線1回線ごとに本サービス契約を締結します。この場合、申込者は、本サービス1契約につき、一人の個人もしくは法人に限ります。

第7条(本サービス契約の申込方法)
 1 本サービス契約の申し込みは、申し込みをする個人もしくは法人が、本サービス約款を承諾のうえ、
   WEBサイトにおける申込その他の当社所定の方法により、次の各号に定める事項を当社に申告する必要があります。
  (1)サービス名
  (2)契約者回線にかかる終端の場所
  (3)本サービスの連絡用電話番号
  (4)前各号に定める事項のほか、当社が別途定める事項
 2 申込者のうち、転用により本サービス契約の申し込みをする転用資格保有者は、当社所定の方法により、前項各号に
   定める事項に加えて、次の各号に定める事項(以下前項各号の事項と併せて「申告情報」といいます。)を当社に
   申告する必要があります。
  (1)転用承諾番号
  (2)フレッツ光における回線契約者名

第8条(本サービス契約の申し込みの承諾)
 1 本サービス契約は、前条所定の申し込みを当社が承諾した時に成立します。
 2 当社は、次の各号の何れかに該当する場合には、本サービス契約の申し込みを承諾しないことがあります。
   また、当社は、本サービス契約成立後であっても、次の各号の何れかに該当することが判明した場合には、
   当社所定の方法にて申込者に通知することにより、本サービス契約を解除することができます。ただし、
   本項第2号または第4号の場合、当社は、相当の期間を定めてその事実を是正するよう催告し、この期間内に
   是正されないときには、当社所定の方法にてこの申込者に通知することにより、本サービス契約を解除することが
   できます。
  (1)本サービス契約の申込時に申込者が当社に虚偽の事項を登録したことが判明した場合
  (2)申込者が、料金等もしくはその他当社が提供するサービスにかかる料金その他の債務の支払いを現に怠り、
     または怠るおそれがあると当社が判断した場合
  (3)過去に不正使用などにより本サービス契約が解除されていることが判明した場合
  (4)申込者が未成年者等であって、本サービス契約の申し込みに当たり法定代理人等の同意を得ていない場合
  (5)クレジットカードによる料金等の支払方法を選択した申込者が、指定したクレジットカードを発行したクレジット
     カード会社からクレジット利用契約の解除、脱会その他の理由によりクレジットカードの利用を認められていない
     場合、または事後に認められなくなった場合
  (6)お客様の回線状況等を確認し、本サービスにかかる回線開通のために行う当社所定の工事完了が困難であると当社
     が判断した場合
  (7)お客様またはお客様の関係者が、反社会的勢力(反社会的勢力と認められる暴力団、総会屋、その他の反社会的な
     団体または個人といいます。)である、または、反社会的勢力と関わりがあると、当社が判断した場合
  (8)その他本サービス契約の申し込みを承諾することが、技術上または当社の業務の遂行上著しい支障があると
     当社が判断した場合
 3 前項各号の規定により本サービス契約が解除された場合、申込者は、本サービスの利用にかかる一切の債務につき
   当然に期限の利益を喪失し、残存債務の全額を直ちに支払わなければなりません。
 4 本サービス契約が成立した場合、当社は、その日程を申込者と調整のうえ、第7条に従い行われた申し込みの内容に
   応じ、回線を開通させるために必要な工事、転用のために必要な工事および第7条第2項に定める卸役務利用サービスの
   タイプの変更に必要な工事を行います。

第9条(転用時の特則)
第7条第2項に基づく転用による本サービス契約の申し込みにより本サービス契約が成立した申込者(以下「転用申込者」といいます。)については、当社は、NTT東日本またはNTT西日本とその申込者との間に成立していたフレッツ光契約を転用の実施日の前日をもって終了させるために必要な手続きを、当該転用申込者を代行してNTT東日本またはNTT西日本に対して行います。転用申込者は、当該転用申込者の申告情報を、当社がかかる手続きを行うために必要な範囲内でNTT東日本またはNTT西日本に提供することに予め同意します。

第10条(変更の届出)
申込者は、申告情報について変更(ただし、第7条第1項第1号所定の事項については、第4条所定の区域外への移転は認められません。)があった場合、すみやかにその旨を当社所定の方法により当社に届け出るものとします。この場合、申込者がかかる届出を行わなかったこと、またはかかる届出を遅延したことにより不利益を被ることがあっても、当社は、何らの責任も負いません。

第11条(契約の解除等)
 1 当社は、申込者が第8条第2項各号に定める事由に該当した場合に、何らの責任も負うことなく、本サービス契約を
   解除することができます。
 2 当社は、前項の規定により本サービス契約を解除しようとするときには、その旨を申込者に通知します。

第12条(提供中止・中断)
 1 当社は、次の何れか一つにでも該当する場合には、申込者に対する本サービスの提供を中止(一時的な
   中断を含みます。)することがあります。
  (1)NTT東日本またはNTT西日本の設備もしくは回線の保守または工事を行う場合
  (2)申込者が、本サービスの提供に使用される設備もしくは回線に過大な負荷を与える行為その他その設備もしくは
    回線の運用に支障を与える行為を自ら行い、または第三者に行わせた場合
  (3)NTT東日本またはNTT西日本により通信利用が制限となる場合
  (4)天災地変その他の不可抗力が発生、または発生するおそれがあり、本サービスの提供をすることが
    困難となった場合
  (5)当社が、運営上、技術上その他理由により、本サービスの提供を中止することが必要であると判断した場合
    (当社が申込者に割り当てるIPアドレスを切り替えるため、その申込者による本サービスの接続中に
    本サービスによる通信を一時的に中断する場合を含みます)
 2 当社は、前項の規定により本サービスの提供を中止するときは、あらかじめその旨を申込者に通知します。ただし、
   緊急やむを得ない場合、または、前項第5号に定める本サービスによる通信の一時的な中断をする場合は、この通知を
   行うことなくその中止を行うことができます。
 3 当社は、第1項による本サービスの提供の中止により申込者に損害その他不利益が発生しても、何ら責任を負いません。

第13条(本サービス契約の自動終了)

第1条第1項に定める卸電気通信役務の当社への提供にかかる当社とNTT東日本またはNTT西日本との契約が終了した場合(フレッツ光サービスの提供を中止した場合を含みます。)は、本サービス契約も同時に終了します。この場合、当社は申込者に対し、できる限り速やかに契約終了の事実を通知するように努めます。

第14条(申込者による本サービス契約の解約)
 1 申込者が本サービス契約を解約しようとするときは、当社指定の方法によりその旨を当社に通知します。この場合、
   申込者から当社へ通知を行い、当社による必要な手続の完了をもって、本サービス契約は終了します。
 2 別表3に定めるとおり、当社が定める期間を除き、申込者が本サービス契約を解約した場合、違約金が発生します。
 3 本サービス契約中に当社が提供する他のサービスに関する割引その他の特典を、申込者が受けている場合、本サービス
   契約終了日以降は当該特典を受けることができなくなります。

第15条(料金等)
 1 料金等の体系は、次のとおりとし、詳細はWEBサイトに定めるものとします。
  (1)契約手数料
  (2)回線工事費
  (3)月額利用料金(卸役務利用サービスおよびインターネット接続提供サービスに関する料金をいいます。)
  (4)その他当社が定める料金
 2 前項各号所定の料金の具体的な金額は、WEBサイトに定めるとおりとします。
 3 一旦支払われた本サービスの料金等は、いかなる理由であっても返金いたしません。

第16条(契約手数料)
申込者は、当社に本サービス契約の申込みをし、その承諾を受けたときは、当社に契約手数料を支払わなければなりません。

第17条(回線工事費)
 1 申込者は、申込者による契約者回線にかかる終端の場所の変更の届け出により必要となる工事その他この特約に定める
   工事が実施される場合、当社に回線工事費を支払うことを要します。なお、申込者または申込者からの工事の申し込み
   の受付、申込者または申込者との工事の日程等の調整および工事の実施はNTT東日本またはNTT西日本(これら会社
   の委託先の事業者を含みます。)が行います。回線工事費の請求は当社が行います。
 2 前項の工事に着手していたときは、当該工事完了前に本サービス契約の解除がなされたとしても、申込者は、回線工事
   費の全額を当社に支払うことを要します。  3 本サービスの工事区分は光回線終端装置(ONU)までとなります。
   ONU以降の接続に関してはお客様自身もしくはお客様が手配する業者に行っていただく必要があり、当社はその責任を
   負いかねます。

第18条(月額利用料金)
申込者は、本サービス開始日から起算して、本サービス契約の解除または終了があった日までの期間について、当社の定める支払期限までに、当社の定める方法で、当社に本サービスの月額利用料金を支払わなければなりません。なお、月額利用料金は、本サービス開始日の属する月については発生しない代わり、理由の如何にかかわらず、本サービス終了日の属する月については日割り計算されず1カ月分の月額利用料金が発生します。

第19条(NTT東日本の回線開通工事費の未払い分割払金の扱い)
本サービス契約の成立前にNTT東日本と締結したフレッツ光契約の下で、フレッツ光回線の開通工事費用をNTT東日本に分割払いしていた転用申込者が、本サービス契約の成立時点において全ての分割払金の支払いを完了していない場合、かかる時点以降、当社が未払いの分割払金をNTT東日本に代わり転用申込者に請求します。

第20条(NTT 西日本の回線開通工事費割引の違約金の扱い)
本サービス契約の成立前に NTT 西日本と締結したフレッツ光契約の下でフレッツ光回線の開通工事について「初期工事割引サービス」の適用を受けていた転用申込者は、本サービスの開始によるフレッツ光から卸役務利用サービスへの切り替えに伴うフレッツ光の利用の終了を理由として、NTT 西日本からかかる「初期工事割引サービス」の違約金の請求を受けることはありません。ただし、その転用申込者が NTT 西日本とのフレッツ光契約の下におけるフレッツ光回線の開通月から所定の期間内に本サービス契約を解約した場合は、別表4 に定める、かかる違約金の相当額(NTT 西日本の定める違約金とは金額が異なります。)を当社より請求します。

第21条(料金債務の存続)
申込者が本サービス約款所定の料金等(解除または終了の後に発生するものを含みます。)の支払いを完了していない場合は、本サービス契約の解除または終了があった場合においても、当該支払いが完了するまで申込者の債務は存続するものとします。

第22条(本サービスの変更または廃止)
 1 当社は、本サービスの全部もしくは一部を変更、追加または廃止することができます。この場合、第3条に定める
   本サービス約款の変更の方法によるものとします。
 2 当社は、前項による本サービスの全部もしくは一部の変更、追加または廃止により申込者に損害その他不利益が
   生じたとしても、何らの責任も負いません。

第23条(損害賠償の範囲)
 1 当社は、当社の責に帰すべき理由により、申込者に対し、本サービスを提供できなかったときは、第12条各号を除き、
   申込者が本サービスを全く利用できない状態にあることを当社が知った時点から起算して、連続して24時間以上
   本サービスが全く利用できなかったときに限り、損害の賠償をします。
 2 前項の場合において、当社はその料金月における基本料金額を限度として損害の賠償をします。
 3 第1項の場合において、当社に故意または重大な過失により本サービスを提供しなかった場合には、
   前項の規定は適用しません。

第24条(存続条項)
第8条第3項、第10条、第12条第3項、第14条、第17条第3項、第22条第2項、第23条、本条、および第25条に定める各契約条件は、本契約終了後も引き続き有効に存続するものとします。

第25条(準拠法・管轄裁判所)
 1 本サービス約款は日本法に準拠して解釈されるものとします。
 2 本サービスに起因し、または関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所
   とします。

以上 【2016年8月1日 制定】

◆NTT東日本 契約約款集 「IP通信網サービス」(https://www.ntt-east.co.jp/tariff/pdf/e08.pdf)
「端末設備貸出サービス」(https://www.ntt-east.co.jp/tariff/appendix/eb13s0052.pdf)
「リモートサポートサービス」(https://flets.com/osa/download/kiyaku_remote.pdf)

◆NTT西日本 契約約款集 「IP通信網サービス」(http://www.ntt-west.co.jp/tariff/yakkan/pdf/w08.pdf)
「端末設備貸出サービス」(http://www.ntt-west.co.jp/tariff/html/wb11s0052.pdf)
「リモートサポートサービス」(http://flets-w.com/remote_support/tool/remote_ss_kiyaku.pdf)

別表1(フレッツ光のタイプ)
 1.ファミリータイプ
  1-1. NTT 東日本が提供するフレッツ光の場合
   ・B フレッツ ハイパーファミリータイプ
   ・フレッツ 光ネクスト ファミリータイプ
   ・フレッツ 光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプ
   ・フレッツ 光ネクスト ファミリー・ギガラインタイプ
   ・フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ
  1-2. NTT 西日本が提供するフレッツ光の場合
   ・フレッツ 光ネクスト ファミリータイプ
   ・フレッツ 光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプ
   ・フレッツ 光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼

別表2(本サービスの対象となるコースおよびタイプ)

別表3(第14条第2項に定める契約期間・違約金)
 1 契約期間:第5条第5項の定める本サービス開始日より24ヶ月後の属する日の末日まで
 2 契約更新:契約期間満了日の属する月または翌月に、当社またはお客様から本サービス契約を終了する意思表示がない
   場合、同一の条件で契約期間満了日の翌月1日から起算して更に24ヶ月間延長するものとし、以後も同様とします。
 3 違約金:
   ① 1~12ヶ月目における解約 31,200円(消費税等込)
   ②13~24ヶ月目における解約 15,600円(消費税等込)
   ③25ヶ月目における解約  なし
   ④更新後1ヶ月目における解約 なし
   ⑤更新後2~12ヶ月目における解約 31,200円(消費税等込)
   ⑥更新後13~23ヶ月目における解約 15,600円(消費税等込)
   ⑦更新後24ヶ月目における解約 なし
以降は、④⑤⑥⑦と同様とする。

別表4(第20条に定めるNTT西日本の回線開通工事費割引の違約金)